コロナ禍で密を回避でき、自然との触れ合いでデジタル疲れの癒し&デジタルデトックスができるとして、この夏もアウトドアレジャー人気はまだまだ続きそうです。
また、手軽にアウトドア体験できるグッズやサービスの充実、SNSやメディアを通じて初心者でもトライしやすい情報がたくさん指南されています。

キャンプやBBQ、登山、サイクリングに農業体験など、自然を満喫し、非日常を体感できる魅力的なアウトドアレジャー。
夏休みを目前に、家族揃ってアウトドアレジャーを計画中の方に、ファミリーキャンプとも好相性で、大人も子供も一緒に楽しめる“釣り”の魅力をご紹介します。


大人も子供も夢中!釣りの醍醐味

釣りには老若男女問わず、大人も子供も虜にしてしまう不思議な魅力があります。

自然との一体感
アウトドアレジャー全般に共通しているのが、自然に触れることで非日常感を味わえること。その中でも釣りは、水による癒し効果が絶大。夏は水辺にいるだけで心地よく開放的な時間を過ごせます。

魚とのコミュニケーション
釣り糸を垂らして繰り広げられる魚との駆け引きは、予想外、思い通りにならないことの連続です。魚がかかったときのワクワクと釣り上げたときの興奮は、一度体験すると病みつきになる面白さです。

釣った魚をいただく
摂りたての魚はとにかく鮮度抜群、格別な美味しさです。自ら仕留めた魚であれば尚ひとしおです。刺身にしたり、塩焼きにしたり、BBQでアクアパッツアにしたり、魚の捌き方や調理のアイデアは、SNS等の動画でたくさん紹介されているので、参考にしながらトライ。釣った魚を調理していただくまでが、一環のお楽しみです。

癒しとワクワクと美味しいが詰まった釣り体験なら、大人も子供もその感動を共有できます。


ハリにエサをつける必要がない!それだけで釣りがグッと身近な存在に

釣りといえば、どんな魚を釣るのか、釣り方や、海・川・湖・沼と、釣りのスポットも多種多様で、とても奥深い世界。使用するエサの種類もさまざまで、何を使うかによって当然釣れる魚も変わってきます。
虫などの生きたエサを使うのは、初心者にとって高いハードル。虫を触りたくない、手を汚したくない……。このように釣りはやってみたいけど、エサを扱うのに苦手意識がある釣り初心者にもおすすめなのが、ハリにエサを付ける必要がない「サビキ釣り」です。


手を汚さずに釣りを楽しめる画期的な“釣りエサ” 

ヒロキューの「つぶつぶにぎっていれるだけ」は、初心者でも簡単に仕掛けづくりができる
サビキ釣り専用の新鮮アミエビがたっぷり入った魚のエサです。

unnamed (2)

商品名:つぶつぶ にぎっていれるだけ


チューブ式なので、直接エサを手で触ることもないので手を汚さずに使えます。
対象の魚は、アジ、サヨリ、サバ、イワシなど波止で釣れるもの全般です。


〈参考動画〉
常温エサでこんなに簡単にアジが釣れちゃう!『つぶつぶにぎっていれるだけ』で遊んでみよう!サビキ釣り 初心者 釣り入門動画



初心者でもOK!家族連れで楽しめるサビキ釣りとは

「サビキ釣り」は、魚を寄せる効果のあるエサを海中に拡散させ、魚の群れを寄せ集め、その群れを疑似餌バリで釣りあげる手法です。

画像3

岸壁や堤防に安全柵を設置して、釣り人に開放されている「海釣り施設(海釣り公園)」では、「サビキ釣り」が手軽に楽しめます。
整備されたこのような釣りスポットなら、釣りに必要な道具もレンタル可能なので、初心者におすすめです。(※各施設で事前に要確認)

サビキ釣りで釣れる魚は、食卓でもなじみ深いアジやイワシ、サバなど。
堤防から仕掛けを足元に投下するだけで、大人も子供も一緒に楽しめるのが最大の魅力です。


水温が高くなるこれから秋にかけてはアジやイワシなどが近場に回遊してくるため、サビキ釣りには絶好のシーズンなんだそう。夏休みに家族で一緒に楽しめるアウトドアレジャーをお探しの皆様、サビキ釣りなら家族揃って釣りデビューをしてみてはいかがでしょうかが果たせそうです。


関東近郊のおすすめ「海釣り施設(海釣り公園)」スポット

横浜フィッシングピアーズ 大黒海づり施設(神奈川県)
利用時間:6:00~19:00(※季節により異なります)
アクセス:大黒PAより車で約10分

1


若洲海浜公園(東京都)
利用時間:全日(天候や施設内場所により異なります)
アクセス:りんかい線「新木場駅」下車後、都バスへ乗り換え
新木場駅前経由・若洲キャンプ場前行き 「若洲キャンプ場前」下車徒歩5分

画像5


オリジナルメーカー海づり公園(千葉県)
開園時間:6:00〜19:00※時期により異なる
アクセス:JR内房線五井駅からタクシーで約15分

画像6


※各施設、売店の営業時間は異なります。事前にご確認ください。