1

ゴールドウインは、2022年11月8日(火)に恵比寿ガーデンプレイスで開業予定の大型複合施設「センタープラザ」に直営3店舗を同時オープンする。これに先駆け9月22日、報道陣向け説明会が実施。出店戦略や店舗コンセプト、渋谷区や恵比寿ガーデンプレイスとともに目指す街づくりが発表された。

2

ビジネスの街から、暮らす場所へと変化しつつある恵比寿。この街のランドマーク、恵比寿ガーデンプレイスに“暮らす、働く、遊ぶ”を兼ね備えた場として「センタープラザ」が今年11月に登場する。1階にはゴールドウインが手がける「THE NORTH FACE」、「NEUTRALWORKS.」、「PLAY EARTH KIDS」の3店がオープン。中でも話題を集めるのが同社の新業態となる「PLAY EARTH KIDS」だ。子ども、自然、遊びをテーマに、同社のキッズアイテムを横断的に販売する。さらに客から買い取ったキッズアパレルをリペアし、カスタマイズして再販売するプロジェクト「GREEN BATON」も展開していく。これらの3ブランドはシームレスな空間で店舗を構成。総売場面積は300坪と関東では最大、全国では2番目の規模となる。

3

同社代表取締役社長 渡辺貴生氏は「かねてよりお付き合いのあったサッポロ不動産の中島様からお声がけがあり、“ソーシャルリビング”というリニューアルコンセプトに惹かれ、出店を決断させて頂きました。恵比寿ガーレンプレイスは商業施設という意味合いだけでなく、公共性も兼ね備えているのが特徴。出店を皮切りに公共性をデザインし、訪れる人々の生活を豊かにしていければ」と話した。

さらに渡辺氏は、子供向けの自然体験を提供する新規事業や他の出店テナントとの共創、参加型ワークショップの開催など、ブランド間の垣根を越えた取り組みについても言及。恵比寿ガーレンプレイスを新たな暮らしの拠点にしたいと意気込んだ。

4

後半では、渋谷区長の長谷部健氏、恵比寿ガーデンプレイスを運営するサッポロ不動産開発取締役の中島信一郎氏を迎え、“恵比寿 再開発”をテーマにパネルディスカッションが行われた。モデレーターは青山学院大学 国際マネジメント研究科教授の宮副健治氏が務めた。

大きな変革期を迎えた恵比寿で、恵比寿ガーデンプレイスが担う役割、渋谷区が目指すビジョンなどについて、以下のような意見が寄せられた。

5

「恵比寿ガーデンプレイスが開業した1994年から約30年の間で消費のあり方が大きく変わりました。かつてはイベントを開いて人を集めていましたが、本来イベントと消費は異なるもの。今はターゲットを絞りこみ、価値を提供していくフェーズに来ていると思います。センタープラザでは時代のニーズに合った、新たな価値を生み出していきたいですね。恵比寿ガーデンプレイスでの取り組みがやがて地域全体に広がればなお嬉しいです」(中嶋信一郎氏)

6

「かつての恵比寿はあまり特色がない街でしたが、恵比寿ガーデンプレイスの登場により、個人店が数多く出店し、大きく変化してきました。街の中心部に新たなステージがオープンすることで、さらに伸びていくことを期待しています。街の景色は大きく変わらないかもしれませんが、新たなコミュニティーが生まれ、豊かに醸成していくはずです」(長谷部健氏)

7

「1990年代に恵比寿ガーデプレイスで会社員をしていたことがありますが、当時は大企業が多かったものの、今はSOHOなどのスタートアップも増えています。さまざまな規模の企業がコラボして、新たなコミュニティーもどんどん生まれていくでしょう。また恵比寿ガーレンプレイスは街づくりの場でもあると私は捉えており、食やアート、スポーツ、エコロジーで豊かな街づくりを実現した米国ポートランドのように発展していくのではと期待しています」(宮副謙司氏)

8

「スポーツ、遊びを通じて世の中を面白くしていくことが私たちの仕事。恵比寿ガーデンプレイスでの店舗は、既存店とは違ったアプローチで新しい時代の生き方を考えられるような場所にしたいです。遊びながら暮らすという価値を提供するのが大きな課題。そんな価値が町全体に広がることが一番の理想です」(渡辺貴生氏)

ビジネスの街、上質な文化を享受する街から、働く場所、暮らす場所へと変化しつつある「恵比寿」。この地に誕生する新複合施設がどの影響をもたらすのか、各方面から注目が集まるに違いない。