画像

ウイルスによる旅行への影響も次第に少なくなってきているかもしれませんが、まだまだ海外旅行となると規制があったり、抵抗があったりする人も多いはずですよね。そんな中、2022年9月11日(日)には“小江戸”で知られる埼玉県川越市にアジア食材専門店「55Kitchen(ゴーゴーキッチン)」がオープンしました。韓国、中国、タイをはじめ10カ国以上から仕入れた1,600以上のアイテムが並んでいるという同店。海外旅行に行きづらい今だからこそ、アジア各国の食材を楽しむことで旅行気分が味わえるかもしれません。


駅から徒歩約2分!1,600点以上のアイテムに囲まれて非日常感満載の店内


画像

西武新宿線・本川越駅徒歩2分。55Kitchenは、商店街に店舗を構えています。店内に入ると、たくさんの食品が店中にずらーっと並んでいました。アイテムがたっぷり陳列された店内は、まるで海外のスーパーを彷彿させるので、これだけでも海外旅行に訪れたような非日常感が味わえるはずです。

お店のコンセプトは「毎日が旅行気分」。好奇心旺盛な若者世代や忙しい子育て世代、韓国コスメ好きな女性などに向けて、“コロナ禍のように海外旅行に行けない状況下でもアジア各国の食文化を楽しんでもらいたい”というメッセージが込められているのです。


アジア10カ国以上の人気食材ずらり!まるで現地のスーパー


画像

なんと店内のアイテムは1,600種類以上。韓国食材を中心に、中国、タイ、フィリピンなどアジア各国、10カ国以上の人気アイテムが揃えられています。店内はエリアごとに各国のアイテムが固められていて、それぞれのエリアで現地のスーパーに訪れたような感覚になります。


TikTokで話題のあの人気ゼリーから珍しい紅茶まで勢揃い


画像

おすすめアイテムが数え切れないほどあるので厳選して紹介します。まずは韓国のおすすめ商品「JINTokゼリー」。若者の間で特に注目されているこちらのアイテムは、YouTubeやTikTokで話題になっているフルーツゼリーです。可愛らしい容器に入っているのが特徴で、「TikTokゼリー」なんて呼ぶこともあるそうです。

画像

中国の注目はこちらの火鍋。「海底撈(かいていろう)」です。火鍋というと、大掛かりな準備をしないといけないイメージですが、この火鍋はカップ麺のように即席で完成。火を使わずに水を注ぐだけでいつでもすぐに本場の本格火鍋を堪能できます。

画像

普段はあまり見かけないスリランカの紅茶も。アジア食材といえば、韓国や中国、台湾、タイなどに目が行きがちですが、55Kitchenではこのように、スリランカやフィリピンなど、私たちにあまり馴染みのないような食材にも出会うことができます。

画像

冷蔵コーナーには定番のキムチ。本場のキムチが味わえるのは辛いもの好きとしてはたまらないはず。また、ドリンクコーナーは各国のカラフルなドリンクで彩られていました。どれも癖がありそうで、興味がそそられます。

画像

冷凍コーナーでの55Kitchenイチオシは、ピザボール。たこ焼きのような見た目をしたの商品は、もちっとした生地の中にピザの具が入った一口ピザです。55Kitchenオリジナルなので、ここでしか味わえない逸品です。


食材だけでなく韓国コスメや本場の調理器具まで販売


画像

売っているのは食材だけではありません。店内に入って左手には、コスメコーナーも設けられています。化粧品やパックなど、多くの女性を虜にする韓国の人気コスメには思わず目が止まってしまう人も多いはずです。他にも、店内には韓国料理をさらに楽しみたいという人向けに、調理器具や食器といった雑貨類も陳列されていました。


今後は都内にも出店予定、新しい食材との出会いも期待できそう


画像

日本にいながら海外旅行気分を楽しめる55Kitchenの1号店は川越でオープンしましたが、代表の李氏によると、今後は年内を目途に東京都内にも出店を計画しているとのこと。また、オンラインショップもオープンしています。55Kitchenが近所にあれば、仕事帰りの自分へのご褒美にアジア食材を買って帰る、なんて楽しみ方もできそうですよね。また、今まで馴染みのなかった国の魅力的な食材との出会いも期待できそうです。55Kitchenのこれからに期待しましょう。





■55Kitchen
住所   :埼玉県川越市新富町2-2-5
TEL   :049-299-5509
営業時間 :10:00〜20:00
駐車場  :なし
公式サイト:https://55kitchen.co.jp/
通販サイト:https://55kitchen.shop/