貴ちゃんねるず

1980年、帝京高校の同級生である石橋貴明(貴さん)と木梨憲武(憲さん)の2人で、“とんねるず”を結成。※最初のコンビ名は“貴明と憲武”       
1982年『お笑いスター誕生!!』でグランプリを獲得すると、瞬く間に
『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』などの出演で若者を中心とした   
爆発的な人気を獲得!


タレントとしてはもちん、歌手としても次々とヒットを飛ばす“とんねるず”

『一気!』、『雨の西麻布』、『嵐のマッチョマン』、『迷惑でしょうが…』『炎のエスカルゴ』『ガラガラヘビがやってくる』『情けねえ』『一番偉い人へ』など..
1度は聞いたことがある曲ばかり! (若い方は知らないでしょうか…?)


一気!

『一気!』は、全日本有線放送大賞新人賞を受賞し、

雨の西麻布

『雨の西麻布』は、日本有線大賞最優秀新人賞を受賞した。

情けねえ一番偉い人へ

ガラガラヘビがやってくる
 
『情けねえ』は、第22回日本歌謡大賞の大賞を獲り、
『ガラガラヘビがやってくる』は、140万枚以上もも売り上げた!

とんねるずライブin東京ドーム

86年日本武道館ライブ、89年東京ドームコンサートと、大成功をおさめた!
そして、“とんねるず”は『情けねえ』のヒット(73万枚)とともに国民的番組
『NHK紅白歌合戦』に(1991年)出場。全身白塗りにした貴さんと、赤塗りにした憲さんは共にパンツ一丁で『情けねえ』をカッコよく歌い上げ、最後
カメラに背中を向けると『受信料を払おう』の文字(メッセージ?)が書かれていた。
「アイラブユー、アイラブユーNHK、アイラブユー、サンキュー」と締めくくった放送は、最高瞬間視聴率58・2%を獲得した!


冠番組を数々持つTVスターとしての活躍を魅せる“とんねるず”

『ねるとん紅鯨団』、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』、『とんねるずの本汁でしょう!!』、『とんねるずのハンマープライス』、『ラスタとんねるず』、『とんねるずのみなさんのおかげです』、『みなさんのおかげでした』、
『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』など..

どれも軒並み視聴率は高く、どの番組も長く続いた。
なかでも『ねるとん』7年、『生ダラ』10年、『みなさん』30年近く愛され
レギュラー番組として放送された。『スポーツ王は俺だ!』も2000年から正月番組として毎年放送され、2023年の今年も5時間スペシャルが放送された
※2012年〜2019年までも、夏もしくは秋に放送されていた。


『貴ちゃんねるず』登録者数 166万人、再生回数2億5000万回超!!

2018年に『みなさんのおかげでした』終了後、「テレビの仕事も少なくなってきて戦力外通告だな」と話したという貴さんは、『みなさん』のスタッフとして演出を担当していたマッコイ斎藤さんのすすめもあり、YouTubeを始め
現在はチャンネル登録者166万人再生回数2億5000万回超(※2023年2月現在)と大成功を収めています!

1


   





“タカさんが興味あることを全てノリでやっちゃうチャンネル”ということで
“タカさん”のチャンネルですが“ノリ”さんも、たま〜に出たりします!
TVでは“みなさん”の貴さんでしたがYouTubeではより身近な存在として
『貴ちゃん』として、様々な企画に挑戦しています!そのひとつが、
   





「みなさんのおかげでした」でおなじみだった"きたなトラン"が、貴ちゃんねるずで『東京アラートラン』として復活しています!
『東京アラートラン』とは、コロナ禍で苦境に立たされた飲食業界を救済するために立ち上げられた企画で、貴ちゃんが都内の飲食店へ訪れ、YouTubeで紹介する今や名物企画です!

番組宛に届いた「ピンチ(SOS)」だという飲食店に出向き、実際に食べて
正直な感想を言ってくれるので改善の余地もできますし、単純に視聴数が高い
チャンネルなので、『貴ちゃんねるず』を見た人が(店情報が載ってるので)
視聴後に来店するため“救済”に繋がってます!

ほかにも面白い企画(『みなさんのおかげでした』に企画として参加してた
貴さんと演出のマッコイさんが運営しているチャンネルなので)満載で、
笑いと感動が垣間見れる“貴ちゃんねるず”。そして、なにより“貴さん”が変わらず元気なこと、“とんねるず”が存在していることが証明されています!!
(Written by キャッチャー古田)