1
イベント本部の「シノバズブルワリーひつじあいす」前にて。 

2月7日(火)と2月8日(水)の2日間、東京の上野仲町・湯島で「食べないと飲まナイト」が開催されました。このイベントは地域の参加店をリーズナブルな均一価格でハシゴする街おこし企画。東日本大震災のあった2011年にスタートし、これまで都内では神楽坂や赤坂、地方都市では広島や鳥取でも開催されてきました。

コロナ禍を乗り越え、3年ぶりに開催された今年は飲食店など43店舗が参加。それぞれの店で「食べ飲まセット」税込1,000円を提供するというので、さっそく日本酒を提供しているお店に潜入!日本酒の店だけで、はたして何軒くらいまわれるものなのでしょうか〜?

2jpg
湯島駅すぐの「天神町 藤しの」のエントランス

まずは今回が初参加という日本料理「天神町 藤しの」へ。駅近の路面店ながら大人の隠れ家のような高級感ある佇まいの懐石・会席料理店。お料理も日本酒も絶対に美味しいに違いない洗練された雰囲気。先に「食べ飲ま」客がパンフ持参で店に入ろうとしていたので、私もそれに続いて入店。和服姿の女将がやわらかな笑顔で迎え入れてくれました。そしてすぐに満席に。

店内は落ち着いた雰囲気で、職人の技を目の前で贅沢に眺められるカウンター席と個室があります。「食べ飲まセット」はアウグスビール(生・小)か日本酒 南部美人(半合)のいずれかにお刺身や肴が付きます。まずは「南部美人 特別純米酒」(岩手 南部美人)で乾杯! ちなみに周りは「食べ飲まセット」のお客様だらけで、おひとり様も多かったので、ひとりで乾杯も寂しい感じにはならないのが素敵♡ グラスで提供された南部美人はキレイな味で最高に美味しい〜!

3
南部美人の純米酒が香り豊かなブリのわら焼きなどによく合う


お料理はパンフ資料ではお刺身1品、肴1品のはずだったのですが、実際に提供されたお料理は9種盛り!ちなみに夜のコースは税込6,600円〜というお店。そんな店でこんな大サービス!生まれも育ちも地元・湯島という女将の粋なはからい。色々な美味しさが詰まった料理で、本鱒のスモーク、イイダコと黒豆の串うち、青豆豆腐、ホタルイカの三杯酢、なの花黄身酢、ぶりのワラ焼き、寒梅山芋、鰯の梅煮、わらび昆布〆。

17年以上の経験を持つ岡田料理長のお料理は、どれもひとつひとつ丁寧に手間をかけたものばかり。きき酒師でもある女将とのお話もとても楽しく、アウグスビールの本社が湯島にあるということも教えていただきました。日本酒は常時15種。毎週新しいお酒が追加されるそうです。

「美酒処みのりや」では日本酒3種飲み比べ、なめろう2種を食べ比べ!

4
「美酒処みのりや」の大人気の「食べ飲まセット」

2軒目は「美酒処みのりや」。上野広小路駅と上野御徒町駅からすぐの居酒屋で、産地直送の海鮮が自慢の店。こちらも入店したらすぐに満席に。1軒目でお隣だった方とまた遭遇し、お互いに日本酒の店を巡っているのだとわかって思わず笑ってしまいました〜♪ コロナ禍で外食の個食化が進み、こういったお客さん同士のつながりを体験するのは本当に久しぶり。やはり下町は気さくで温かくていいですね〜。

「みのりや」では日本酒3種の飲み比べ、もしくはハイボールに、アジとイワシのなめろう食べ比べが付きます。日本酒もなめろうも味の比較ができて税込1,000円とは、かなり太っ腹なお店。「鍋島 純米吟醸」(佐賀 富久千代酒造)は旨味がたっぷり、「あたごのまつ 特別純米」(宮城 新澤醸造店)はキレが良くて刺身に合い、「花邑 純米吟醸」(秋田 両関酒造)は酒米・雄町を使ったどっしり味。

@ueno_yushima 【美酒処 みのりや】日本酒好きな方は、行かない理由が見当たらない!2月7日と8日しか味わえない食べ飲ま限定のセットをぜひ味わってくださいね!#食べ飲ま #上野 #湯島 #東京グルメ ♬ Positie Funk - Evoke Music

「美酒処みのりや」の店主 岩美則さんのコメント動画

アジのなめろうは食べたことがありましたが、イワシのなめろうは珍しいかも。新鮮だからこそできる料理ですね。同店では常時15種の日本酒を揃えており、普段は日本酒飲み比べを980円で提供。人気ランキング1位が「お刺身の盛り合わせ」1,680円〜で、アジかイワシを選べるなめろうは普段も税込680円で提供しているようです。ご主人のお名前が「みのり」だから店の名前が「みのりや」です。

3軒目はおばんざいの店、4軒目は牛肉の美味しい店、楽しすぎるホッピング

6
ごぼうのネギまみれなど、おばんざい3種に日本酒

3軒目は「おばんざい なぎの木」。店に着くと入り口にすでに5人くらいのウェイティングができていました。おばんざい3品に日本酒やビールなどドリンクがなんと2杯も付くお得なセットが皆のお目当て。すぐ近所にある「湯島ワンズラクレット」というチーズとワインの店にも行列ができていました。外で待つ間に「明日はあそこに寄ろうかしら」と計画する人もちらほら。

「なぎの木」に入るとBGMにジャズが流れていて、カウンター席とテーブル席があるオシャレな店内。日本酒は「〆張鶴」(新潟 宮尾酒造)をセレクト。お料理はごぼうのネギまみれや、人参きんぴらなど。女将の山田さんの笑顔が素敵なお店でした。

7
肉三昧 湯島たけうち」の肉屋の惣菜3種盛りと日本酒

酔いがまわってきた頃、またまた人気店と遭遇。「肉三昧 湯島たけうち」にウェイティングを発見し、日本酒も飲めるようなので並んでみました。元精肉店ならではの厳選した和牛を使っているので肉料理がとびきり美味しいと噂の店。炭火焼肉と牛しぐれ煮の小丼のセットはすでに完売しており、肉屋の惣菜3種盛りと日本酒をセレクト。

@ueno_yushima 【肉三昧 湯島たけうち】肉三昧の名は伊達じゃない!食べ飲ま限定のセットでも牛肉を使った惣菜や小丼を味わえます。#食べ飲ま #上野 #湯島 #東京グルメ ♬ Major Permission - DJ BAI

「肉三昧 湯島たけうち」の店主 佐藤さんのコメント動画

「たけうち」の惣菜3種もとても手がこんでいて感動的。揚げたての柔らかい和牛串カツと、じっくり煮込んだ牛バラの角煮、そしてもう1品は5種から選べるようになっているのです。ローストビーフ・レバーペースト・炙りユッケ(追加200円)・牛しぐれ稲荷・肉巻玉子。迷った末にローストビーフにしましたが、どれも美味しそうでした。(肉料理に感動するあまり、日本酒の詳細をメモることを忘れました。あはは〜)

単純計算すると1日で4〜5軒を回った人が続出!?

9
「酒匠 絆屋」のおでんは癒しの味。日高見をグイッと!

5軒目になるとかなり記憶が曖昧になってきますが、ちゃんと撮影はしていたようで。「酒匠 絆屋」では熱々のおでんと「日高見」(宮城 平孝酒造)を堪能。冬場に味わうおでんと日本酒は格別。いぶりがっこチーズもつきました。

10
上野の有名店「赤提灯」にも行きたかったけれど、満腹で今回は断念

最後に訪れたのが上野の有名店「赤提灯」。同店の「食べ飲まセット」は非常にボリュームがあるとお客さんの間でとても話題になっていた注目店。さすが地元を牽引する老舗は気合が十分です。しかしすでに満腹で、今回は残念ながら断念。また上野に来た際に訪れたいと思います。

5軒もハシゴしてかなり食べて飲んだ方だと思っていたのですが、後日、イベント実行委員に確認してみると、「2日で10軒以上まわった人も多く、最高は19軒でした」とのこと!上には上がいるものです。

イベントが開催された2日間で1,200名が参加し、「食べ飲まセット」は5,633食も売れたのだそう。店のまわり方によって3店舗でもお腹いっぱいになって帰る人もいたようですが、単純計算すると一人当たり4〜5軒まわったことになるようです。

どのお店も驚くほどお得な内容で、店主たちの熱意や愛情が感じられるメニューばかりでした。上野がこんなに温かくで気さくで、美味しい街だったとは新発見。次回は今年11月頃に秋の「食べないと飲まナイト」を開催する予定。

コロナで外食からすっかり遠のいて、行きつけの良い店がなくなってしまったという方、ぜひ食べ歩きイベントを活用して、新しいお気に入り店をお得に発掘してみては?


≪筆者プロフィール≫
▪滝口智子

滝口差し替え画像

国際きき酒師&サケエキスパート
飲食ライター歴20年の食いしん坊バンザイ!記者&PRプランナー。
日本酒やワインなどもこよなく愛す。
テレビ番組などにも出演中。