住みたい街2023_PR TIMES

株式会社 LIFULL(ライフル)が運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME'S」は、2022 年における実際の問合せ数からユーザーの「本気」で住みたい街を算出した、住まい探しの「いま」が分かるランキング「2023 年LIFULL HOME'S みんなが探した!住みたい街ランキング(首都圏版)」を発表!!

【借りて住みたい街】
1位は、3年連続「本厚木(神奈川県)」

【買って住みたい街】
1位は、4年連続「勝どき(東京都)」

住みたい街2023(RGB)

借りて住みたい街ランキング

・3年連続「本厚木」が1位独占!「都心から郊外へ」という動きがさらに強まる
・中間発表で1位を獲得した「大宮」は、0.8ポイント差で「本厚木」に抜かれて今年も2位
・都心の人気も徐々に回復傾向。相対的に賃料が安価なエリアに注目が集まる

【首都圏版:借りて】

【首都圏版:借りて】ヒートマップ


■2021年以降続いている「都心から郊外へ」の動きが継続
コロナ禍で順位を伸ばした神奈川県の「本厚木」が今回も1位を維持し、3年連続トップに輝きました。利便性やコストのバランスが取れた郊外エリアの人気は確立しており、「本厚木」の人気は本物といえます。 には、「大宮(2位→2位)」や「八王子(4位→3位)」、「柏(3位→4位)」、「三鷹(7位→5位)」など、準近郊・郊外の駅で多くが占められており、昨年よりもさらに賃貸ニーズが郊外化していることが明らかです。
東京都の移動人口は、2021年に引き続き2022年も「転出超過」の月が多く、周辺3県は対照的に「転入超過」となっています。テレワークが定着したことや、消費者物価も上昇していることからも、「都心から郊外へ」という動きは当面続くものと考えられます。

<上位にランクインしている準近郊・郊外エリアの駅の共通点>
1 都心方面に鉄道の乗り換えなしでダイレクトアクセスが可能
2 郊外ならではの手頃な家賃相場
3 落ち着いた居住環境・集権環境
4 駅勢圏(駅周辺の繁華性が高いエリア)が比較的広く、都心・近郊の街と大きく変わらない生活利便性

■ 都心・近郊のニーズは「徐々に回復」傾向。相対的に賃料が安価なエリアに注目
一方、都心周辺では「葛西(6位→6位)」や「池袋(12位→12位)」、「荻窪(14位→15位)」、「三軒茶屋(21位→16位)」が上位に留まっており、 コロナに慣れたいま、人気も徐々に回復傾向にあるといえます。
TOP30には「北千住(15位→20位)」や「高円寺(18位→21位)」、「新小岩(19位→24位)」、2023年1月に発表した「住みやすさのわりに家賃が安い駅ランキング (一人暮らし 都心通勤・通学編)」で1位を獲得した「亀有(29位→26位)」がランクインするなど、相対的に賃料が安価なエリアが注目されています。

■ 次にくる街はどこだ!「急上昇ランキング」1位は43ランクアップの「笹塚」
ランキングTOP100に入った駅のうち、前回から順位を上げた駅をランクアップの大きい順に並べ、その特徴を探る「急上昇ランキング」。交通利便性とのバランスに加え、円安やサプライチェーンの逼迫による消費者物価高騰の影響で、利便性の割に賃料相場が比較的安価なエリアが、急激にランクアップしています。

【首都圏版:借りて】急上昇ランキング

<1位>「笹塚(43ランクアップ/114位→71位)」
京王線・京王新線が乗り入れており、約5分で新宿まで行くことのできる高い交通利便性から、都心方面に僅かに戻り始めた賃貸ニーズの受け皿となっていると考えられます。

<2位>「所沢(40ランクアップ/94位→54位)」
ワンルームマンションだけでなく一戸建て賃貸も豊富で、若い単身者からファミリー需要まで様々なニーズに対応可能なエリアです。また、乗り換えなしで「新宿」や「池袋」へアクセス可能な交通利便性は、コロナ禍でのテレワークを前提とした賃貸ニーズに合致しており、今後もランキングが上昇する可能性があります。

<3位>「町屋(35ランクアップ/121位→86位)」
賃貸物件が多く、賃料相場も都内では安価なエリアとして知られており、消費者物価が高騰している時期には賃貸ニーズが強まる傾向があります。


借りて住みたい街ランキング

・4年連続「勝どき」が1位独占!!東京五輪のレガシーだけでなく、広さや間取りが豊富なことも人気に
・久しくなかった大規模な物件開発で「半蔵門」「麻布十番」など200位以上も順位を上げる駅が登場
・都心と比較して割安感がある、神奈川県の湘南エリア「平塚」「茅ケ崎」が上位に

【首都圏版:買って】

【首都圏版:買って】ヒートマップ

大規模な物件開発が大きく影響し、50〜200位以上も順位を上げる駅が登場
2020年から注目を集め続ける「勝どき」が4年連続の1位に輝きました。東京五輪が終了してからも、販売される物件のグレードや価格、広さ、販売動向などが、物件購入を検討している人の関心事となっています。都心にありながら広いことも評価され、幅広い層から支持を受けていることが主な要因です。
他にも「田町(61位→5位)」や「半蔵門(240位→11位)」、「浜松町(188位→25位)」、「麻布十番(338位→28位)」「駒込(117位→31位)」などは、いずれも久しくなかった新たな大規模な物件開発に関連したものであり、エリアというよりは物件自体に対する注目度の高さが反映した結果となっています。
一方、前回上位だった「白金高輪(2位→12位)」や「東中野(9位→22位)」は、物件開発の終了によって順位を下げています。

神奈川県の人気エリア「横浜」「平塚」「茅ケ崎」が揃って上位に登場
神奈川県の人気エリアである「横浜(3位→2位)」や「平塚(5位→3位)」、「茅ケ崎(20位→4位)」が揃って上位に登場したのが今回の大きな変化です。「横浜」は上位の常連ですが、2022年は新たな物件開発に関連して、湘南エリアの「平塚」「茅ケ崎」も上位にランクインしました。都心の新築タワーマンションが 億円を上回る価格帯で販売されるようになったのに対して、湘南エリアでは比較的手の届きやすい価格帯で販売されていることも大きな要因です。ウッドショックやアイアンショックに代表される資材価格やエネルギー価格の高騰は、新築住宅の価格を引き上げており、比較的に安価な準近郊・郊外での住まい探しが今後も増えることが予想されます。

■ 次にくる街はどこだ!「急上昇ランキング」1位は1119ランクアップの「神保町」
ランキングTOP100に入った駅のうち、前年から順位を上げた駅をランクアップの大きい順に並べ、その特徴を探る「急上昇ランキング」。「買って住みたい」の急上昇TOP10は全て都内、それも都心に位置する駅ばかりでした。コロナ禍で需要が落ち込んだとされる都内の各駅も、周辺で開発プロジェクトが始まったことで話題性が高まり、ランクアップに繋がっています。都心・近郊の潜在的な需要は依然として高いと言えます。

【首都圏版:買って】急上昇ランキング

<1位>「神保町(1119ランクアップ/1210位→91位)」
最もランクアップしたのは、本とカレーの街「神保町」です。約10年ぶりに神保町を最寄りとする新築マンションが 棟分譲されたことによるもので、これまで住宅地としてはイメージのなかった神保町に「マンションが建つ!?」という意外性が話題となりました。

<2位>「御茶ノ水(455ランクアップ/493位→38位)」
こちらも「神保町」同様に、駅周辺や文京区湯島でのマンション開発が急上昇の要因です。

<3位>「西新宿五丁目(445ランクアップ/527位→82位)」
駅近くで約24haもの大規模再開発が継続しており、35階建てのタワーマンションが分譲予定で大きな関心を集めています。


いかがでしたでしょうか。みなさんの住んでいる街はありましたか?
これから新居の購入や引越しなどの参考にしてみてください。

「2023 年LIFULL HOME'S みんなが探した!住みたい街ランキング」特設サイト
https://www.homes.co.jp/cont/s_ranking/

LIFULL HOME'S総研/中山志朗の解説動画(首都圏版)