世界中にある「スターバックス」は、シンガポールにもある。しかも、その店舗数は、小さい国ながら、非常に多い。

シンガポールのスターバックスでは、店舗もドリンクもグッズも、事あるごとに新商品が続々登場。その最新事情を紹介する(2023年5月現在)

【参考】
シンガポールで行くべき!おすすめ「スターバックス」5選【2022年版】

店舗.トン地区の元警察署がスターバックスに!

シンガポールで最近、観光客に人気の、プラナカン文化が残るカトン地区。そのカトンスクエアにある保存建築物に、2020年、新たなスターバックスの店舗がオープンした。

IMG_5446

ここはもともと、旧ジョー・チアット警察署。店内には、プラナカン文化の影響を受けたという地元アーティストの作品も。

外観もさることながら、内観もなかなか素敵。ここが警察署だったとは思えないほど。

また、日中と夜で、雰囲気がガラリと変わる。時間をずらして訪れるのもおすすめ。

IMG_1866

Katong Square
86 East Coast Road #01-02, Conservation Building Katong Square, Singapore 428788

店舗▲泪譟偲監酸廚離癲璽襪某慧絞沺鉄道風の外観も

シンガポールで、昔使われていたマレー鉄道の廃線跡は、地元民に人気のスポットとなっている。この近くにあるのが「The Rail Mall」というこじんまりとしたショッピングモール。

IMG_1949

この並びに、飲食店をはじめ、銀行やクリニック、スーパーマーケットなどのほか、スターバックスも。

外観も何となく鉄道を意識したデザインとなっている。

IMG_1954

店内は奥に広い。利用客は地元民が多め。中心部からやや離れているものの、MRT(地下鉄)の駅から歩いて10分ほどなので、機会あればぜひ。

IMG_1956

The Rail Mall
384 Upper Bukit Timah Road, The Rail Mall, Singapore 678042

店舗ガーデンズバイザベイの店舗はロゴに注目

シンガポールで人気の観光スポット「Gardens by the Bay」(ガーデンズバイザベイ)の店舗。ここはただのスターバックスではなく、実は見どころが多い。

IMG_1939

巨大な庭園にあるスターバックスらしく、緑が多い。

しかも、おなじみのサイレンロゴをよく見たら、緑の部分が!

IMG_5458

また、店内にも、緑がある。真ん中にある木は、コーヒー豆の木。

ガーデンズバイザベイを訪れたついで、休憩場所としてピッタリ、場所柄いつも旅行客で混んでいる。

IMG_1942

Gardens by the Bay
18 Marina Gardens Drive #02-03, Gardens by the Bay, Singapore 018953

グッズ最新事情、注目は「エコバッグ」「限定ベアリスタ」

続いて、シンガポールのスターバックスで手に入る「グッズ」を紹介。

なお、グッズはけっこうな頻度で発売され、その都度で人気商品はすぐ売り切れる。気に入ったら見た瞬間に買ったほうが良い。一方、不人気商品はいつまでも売れ残り、割引されていることも多いのがシンガポールだ。

IMG_5431

スターバックスのエコバッグ。2023年春に登場した際、一定の会計をした人には無料配布していた。現在は有料で販売。

袋の中に、テイクアウトのコーヒーを入れて運べる仕切りがある。日本のスターバックスで。このタイプのエコバッグはないのでレア。普段の買い物にも使いやすい。

IMG_5587

旅行者の定番土産、タンブラー。シンガポール、黒に金のリザーブバージョンである。ややお高いが、色合いなどが大人のデザイン。

IMG_5586

一時を思うと、派手でカラフルより、シンプルなデザインが増えた気がする。シンプルなデザインのほうが、飽きが来ないからなのか。

ちなみに、1個3500円〜4000円以上する。シンガポールは物価が高い。

IMG_1953

シンガポールといえば、マーライオンのベアリスタが有名だが、期間限定で干支や民族衣装など、いろいろなベアリスタが登場する。これもシンガポールらしい土産として最適。

Starbucks (Singapore)
https://shop.starbucks.com.sg/

(Written by AS)