20090918_01

この夏、ハリウッドで映画化された「忠犬ハチ」の像は渋谷駅前にあるけれど、鹿児島にもある有名な犬の像がある。その犬とは「ツン」、上野の西郷さんの銅像で足元にいる、あの犬だ。

ツンは東郷町(現・薩摩川内市東郷町)の前田善兵衛という人が飼っていた薩摩犬の牝で猟犬だ。ウサギ猟が趣味だった西郷隆盛は、明治維新後に鹿児島に帰ったあとは、県内各地で猟を楽しんだと伝えられ、前田善兵衛もその猟仲間のひとり。その縁もあって明治7、8年頃に前田から譲り受けたのが「ツン」というわけ。

NHK大河ドラマ「飛ぶが如く」の放送を機に、地域おこしのきっかけにと東郷町では町内外に「ツン献金」を呼びかけ、周辺整備も含めて約2000万円をかけてツンの銅像を藤川天神の参道脇に作製。平成2年2月25日に除幕式が行われている。銅像は体高60僉体長80僂里曚楴楕大で、その足元には「三原隼太なる人を経て贈られた西郷どんは喜び、自分の乗馬を三原に与え、前田には金二十貫を与えた」と説明書きがあることから、よほどこのツンが気に入ったようだ。

ただ、西郷さんは猟犬を十数頭飼っていたうえ、薩摩犬は忠誠心が強く「その後ツンははるばる藤川を慕って二度も帰ったと言い伝えられている」とも書かれているから、ツンだけが特に大切にされた犬、というわけではないようだ。

20090918_02ちなみに、ツンは牝なのに、上野の西郷さんの横にいるのは雄犬。これは銅像が造られた明治31年当時、ツンもこの世にいなかったため、雄犬をモデルに雄犬として造られたのだとか。
本物のツンに会いたかったら、ぜひ、「臥竜梅」が美しく咲く早春に藤川天神に足を運んでみて。

【お問い合わせ】
薩摩川内市東郷支所 
電話 0996-42-1111

(Written by おばらけいこ)

【Nicheee!編集部のイチオシ記事】
“多摩”に行くならこのサイト!?
切なさが心に響く・・・密かに”じわり”とブームの暮部拓哉
あのロングセラー商品も初めは新商品だった!「ヨード卵・光」に隠された秘話
ウェディングケーキはもう伸びないのか
徳島の森林で世界レベルの乗り物が!?